読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風呂でおじさんが倒れた!

先日、我がGYMの風呂場で70歳前のおじさんが倒れ、大怪我をした。

おそらく、湯船から立ち上がり、立ちくらみか?

その場に居合わせた知人の話では、湯船から出たところで、顔面からタイルの床に崩れ落ちたという。顔面血だらけで、すぐに,GYMスタッフが、近くの外科へ連れって行ったという。

 

後日、聞いいたところによると、顔面、傷だらけで、口元を4針縫っただけですんだという。歯は折れていないか心配だ。

 

おじさんは、私と同年代でボルダリングもするような大人しいが元気なおじさん。

これは、ひとごとではなく、私も時々、風呂あがりに立ちくらみがある

GYMの風呂は、湯船もタイルで、角がとんがっていて、いつもここにぶつけたら痛いだろうなと思っていた。

そして、2-3日前テレビで、専門家がこんなことを言っていた。

風呂に入っているときは、心臓と頭の部分には、血液が少なくなっている。血液は、下半身に集まっているのだ。だから、そのまま立ち上がると、立ちくらみを起こしやすい。

立ちくらみをしないようにするには、ゆっくり頭を下げ、腰から上がりゆっくり頭を起こすのが良いという。

これは、家の風呂でもどこでも同じ。

 

ちなみに,GYMの風呂では、男性より女性のほうがよく倒れているが、これは,GYM自体に来る人が、女性のほうが多いからか?いずれにせよ、湯船から出るときは気をつけよう。